塩ビ管望遠鏡!
2019.01.19

私の大好きな手作り天体望遠鏡の新作です!
正確な名称は「カメラ用クローズアップレンズを使った塩ビ管天体望遠鏡」です!
望遠鏡の本体(鏡筒)はホームセンターで普通に入手できるVU50という外径60mmの塩ビ管とその継ぎ手やソケットなどです。

対物レンズはKENKOの「ACクローズアップレンズNo.2 55mm」です!

このレンズはアクロマートレンズとなっていて、色収差が抑えられているものですね。
焦点距離は500mmです。(No.2は、老眼鏡での度数が2ということですね)
実売2,500円くらいで購入できます。

このレンズはVU50の塩ビ管にピッタリと収まります!

ここに塩ビ管ソケットを付ければ対物部の出来上がり。

接眼部はスコープタウンで売っていた「屈折用接眼部(鏡筒内径60mm用)」にVU50の継ぎ手を取り付けました!

これまたピッタリのサイズなのです。

以上を組み合わせて塩ビ管天体望遠鏡の出来上がりです!


今夜の美しい十三夜の月をこの望遠鏡で撮影してみました!

使用した接眼レンズは焦点距離8mm、つまり倍率は62.5倍ですね。
スマホでの手持ち撮影です。
ご覧のとおり、かなりキレイな画像となりましたよ (^_^)v
2019.01.19 22:04 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
自然銅です!
2019.01.18

ちょっと前の話ですが、正月に四国、徳島の祖谷渓に行った時の帰り、"道の駅 大歩危(おおぼけ)"に寄りました。
そのには何故か沢山の"石"がお土産として売っていたのです。
そうです、私が大好きな鉱石、それもとっても安いものが多いのでした!
ということで、300円で売っていた小さな「自然銅」をマイお土産として買ってきました (^_^)
今まで私のコレクションにはなかった自然銅、正月からいいものゲットですよ!
もちろん銅なので電気は通すはずですが、鉱石ラジオでの検波器にもなるという情報もありますので、今度試してみようと思います!

裏側です。
2019.01.18 20:25 | 固定リンク | 科学 | コメント (0)
久しぶりの積雪!
2019.01.17

今朝の五頭山麓、久しぶりの積雪となりました!
ただし、雪は非常に湿ったものであり、すぐにでも溶けてしまいそうです。
上の写真は我が家の庭ですね。
夜に帰宅したときも今日の雪は溶けずに残っていましたよ。
昨年の大雪時に比べると、今年は気温がずっと高いので大雪にはなりそうもないですね。

裏側の様子。


車庫前の道路、積雪は5センチほどです!
2019.01.17 19:39 | 固定リンク | 五頭 | コメント (0)
アンティーク電圧計!
2019.01.16

昔の工業製品大好きな私、この度ヤフオクで懐中時計型のアンティーク電圧計「J.T. The High Class Pocket Meter」をゲットしました!
落札価格は2,000円。
実はですね、2013年にも同じようなアンティーク電圧計をゲットしているので、今回のものは2台目となります。
この電圧計、上のリンクを見てもらえばわかりますが、1924-26年頃に田尻製作所が作っていた日本製の電圧計ですね!
今から約95年前の製品、測定する電池のプラス側を12Vか120Vかの足の部分に接続します。
主に電池式真空管ラジオの電池の電圧をチェックするものらしいです。
ずっしり重くて、なかなか高級感のある電圧計ですよ (^_^)

かなり不正確ではありますが、針もちゃんと動きます!

9Vの電池の電圧、6Vくらいと表示されました。

本当は上のツマミの部分から出ているコードはもっと長くて、測りたい電池のマイナス側につなぐのです。
まあ、後日修繕しておきましょうかね。
2019.01.16 19:57 | 固定リンク | 科学 | コメント (0)
寺泊のトキ、その2!
2019.01.15

昨日の続きです。
「トキみ~て」が一般公開される前からあったのが上の写真の"トキと自然の学習館"(1F)と"寺泊民俗資料館"(2F)です。
この施設は閉校となった寺泊の夏戸小学校の校舎そのものですよ!
左側にはかなり傷んでいる体育館もありますね。
ただし、学習館と資料館の内部はとってもキレイにリニューアルされていて、快適に見学できますよ (^_^)
トイレも最新型でキレイでした!

1Fの"トキと自然の学習館"、まずはトキの剥製が迎えてくれます。

成鳥の剥製もあるのですが、この幼鳥の剥製、なんか悲しいですよね。

現在、野生化のトキは353羽!(主に佐渡ヶ島)、寺泊には11羽のトキがいて、うち5羽が公開されているのです。


こちらはサギの剥製と骨格標本です。

同じような食性の鳥ですが、トキが絶滅してしまったのは"足が短かった"からなのだそうです。
農薬をいっぱい使っていた時代、サギは農薬がうすくなった川で餌を捕れたのですが、トキは農薬が濃かった田んぼでしか餌を捕れなかったので、それが絶滅の原因の一つだという話でした。

この学習館のいいところは、トキの羽を触われるところですよ!


続いて2Fの"寺泊民俗資料館"です。


まだ野生のトキが寺泊にも多くいた頃の生活を見ることができます!


こんなご馳走を食べていたそうですよ (^_^)
2019.01.15 19:42 | 固定リンク | 新潟 | コメント (0)

- CafeNote -