コンデジ新調!
2018.01.09

コンパクト・デジカメ(コンデジ)を新調しました!
というのは、今まで7年ほど愛用していたコンデジ、SONY DSC-TX10のズーム機能が壊れてしまったのです!
ズームを使わないならば使用できるのですが、ズームができないコンデジ、スマホのカメラと同じになってしまいますよね。(スマホはデジタルズームがあるだけましかな)
ということで、コンデジとしての価値がなくなってしまったのです。
先日、新しく購入したコンデジはやはりSONYのもので、DSC-WX350という、ちょっと前に発売された製品です。
価格は2万円程度で、いわゆる中級品ですね。
光学ズームが20倍で、35mmフィルム換算で25mmの広角から500mmの超望遠まで使えるという優れものです!
(手ぶれ補正あり)
また最高感度はISO12800という高感度です!
純正のケースも購入です。
実はもっと性能がいい製品もあるのですが、常に持ち運ぶカメラの大きさとして、このWX350が限界だったのです。
性能を追い求めるならば、デジタル一眼(NIKON D5100)やミラーレスカメラ(SONY α7s)は既にありますからね!
実は一昨日の須原スキー場での初滑りの写真は、このWX350での撮影でした。
このカメラを常に首にぶら下げて、スキーウェアの中に入れて滑っていたのです (^_^)

新旧コンデジを並べてみました。

やはり左側のWX350の方が一回り大きいですね。

電源ONの状態です。

前のTX10はレンズが飛び出てこないという、すぐれ物だったのです!
ただし光学ズームはたったの4倍しかなかったですが。

では、WX350の実写写真をご覧ください。
田んぼに来ている白鳥を広角側で撮影です。

白鳥を驚かさないように、かなり遠方から、車の中からの撮影です。

光学20倍ズームでの撮影です!

500mm望遠レンズ、普通は三脚での撮影が必要なんですが、これは手持ち撮影です。
手ぶれ補正、さすがですね!

さらにデジタルズームも併用です!

三脚なしで白鳥のアップを撮影できますよ。
ただ画像はやはり荒れてきますね。
2018.01.09 20:00 | 固定リンク | カメラ | コメント (0)
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeNote -