AZ-GTi経緯台、実使用!
2018.12.02

今夜の新潟はとってもいい天気!
ということで、以前のブログで紹介した、自動導入、自動追尾の経緯台であるSky-Watcherの「AZ-GTi経緯台」を実際に使ってみました。
その結果は、最初はスマホのアプリの使い方でちょっと戸惑いましたが、慣れてしまえば大丈夫、2つの星でのアラインメントをするだけで、とっても簡単に自動導入ができ、長時間の自動追尾も正確に行われることを確かめられました!
Sky-Watcherの「AZ-GTi経緯台」、安くて軽くてコンパクト、とってもいいと思いますよ (^_^)

まずは三脚を水平に設置することが大切です!

専用三脚には気泡式の水準器が付いています。

次に望遠鏡を経緯台に取り付け、真北へ向け、水平にしておきます。
そしてAZ-GTiの電源をON、スマホのWiFiをAZ-GTiと接続、専用アプリSynScanを立ち上げます。
アラインメントはSynScanが示してくれる明るい星の候補から2つを選択し、1つ目に自動導入で動かした後、マニュアル操作で視野の中心に移動、次に2つ目の星を同じくアラインメントします。
今夜は北極星が見えない場所でのアラインメント操作で、北方向はけっこうずれていたのですが、西側のデネブと、東側のアルデバランをアラインメントに使って、以降はかなり正確に自動導入が可能でしたよ!

M45、プレアデス星団、昴が一発で導入できました!


ペルセウス座の二重星団、h+χ(エイチカイ)も一発で導入できました!


このAZ-GTiの自動導入機能、暗い天体を見たいときにはかなり便利だなと思いますよ。
2018.12.02 21:10 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeNote -