原子力ミサイルの事故!?
2019.08.22

新潟県阿賀野市今板の我が家「五頭山麓ほたる庵」には、実にいろいろと不思議なものがあるのです!
「放射線計測装置」もその一つ。
五頭山麓ほたる庵 放射線観測データ
8年前、福島で原発の事故が起きた年の2011年11月から、毎日の放射線量データを取り続けています!
で、今月の放射線量データのグラフがおかしなことになっているのです。
上のグラフを見てください。
8月10日から14日くらいまで、グラフがポコンと上がっていますよね。
平均22CPM(Counts Per Minute)くらいだったのが、この期間は24CPMくらいに、1割ほど増えていますね。
実は雨や雪が降り始めると、空中の放射線が地上に落ちてきて、一時的にはグラフがこのくらい上がるのですが、上の期間にはまったく雨は降っていなかったのです。
何で放射線量が増えたのか、とっても謎だったのです。
で、その原因がおそらくわかりました!
ロシアの原子力推進ミサイルの事故が8月8日に発生、5人が爆死するという大きな事故だったようです。
ロシア軍施設で5人爆死 原子力推進式ミサイル実験で事故か

8日に放出された放射線が、約2日かけて日本までやってきたのですね。
まあ実際には大した量ではありませんので、騒ぐほどではありませんが、確かに放射線は地球の上を回ってやってくるのです!
原子力って、やっぱりヤバイものですよね!
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeNote -