さそり座と木星!
2019.04.05

今日の午前3時前に五頭山麓で撮影したさそり座と、とっても明るく輝く木星です!
SONY α7sにNIKON 50mm、F1.2を付けての手持ち撮影です!
実は今日の未明は深夜仕事で、その帰りに見事な星空だったので急遽、撮影したのでした (^^;

天の川の射手座付近、もっとも明るい部分です!
まあ、画像処理でかなり明るくしていますけどね。
2019.04.05 21:15 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
昨日の月!
2019.03.20

昨夜撮影した、月齢13の月です!
けっこうきれいに撮れていますよね (^_^)
で、実はいつもとは撮影方法が違うのです。
口径90mm、焦点距離840mmの反射望遠鏡に焦点距離20mmの接眼レンズを付け、スマホでの手持ちでの撮影です。

その反射望遠鏡とは、かなり前にヤフオクで入手した、今から約50年前の望遠鏡、エイコー(EIKOW)製のものです!

架台は経緯台ですが、微動装置が何故か上下方向にしかないという、不思議な仕様のものです。
で、この古臭い望遠鏡を入手したのには大きな訳があるのです。
実は私が中学生だったとき、父親が買ってくれたのは、ほぼこれと同じ望遠鏡だったのです!
その望遠鏡で、昔住んでいた新潟市関屋の社宅の庭で、人生初めての土星の輪を見たのがこの望遠鏡だったのです!
土星を見たのは確か夜中の2時、3時ころだったと思うのですが、あまりに嬉しくて、寝ている家族を起こしに行った記憶があります (^^;

ということで、私にとってはお宝物の望遠鏡なんですよ!
2019.03.20 19:55 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
引き伸ばし機レンズ望遠鏡!
2019.02.22

一昨日紹介した、昔の引き伸ばし機のレンズ、日東光学のKominar-E、75mm、F3.5を使った小型望遠鏡、完成しました!
口径21mm、接眼レンズ交換式の、上下左右反対に見える、単眼鏡のような望遠鏡ですね。

Amazonで注文した「ライカLマウントL39 M39 → M42 スクリュー変換ステップリング」(350円)が本日到着し、これでM42サイズの鏡筒にしっかり固定できたのです!


ピントを調整するM42ヘリコイドを一番縮めた状態、遠方にピントが合います。

ヘリコイドは「Pixco M42 M42レンズ焦点調整式ヘリコイドマクロチューブアダプター 17mm-31mm」(3,019円)というものですが、とてもスムーズにピント調整ができますよ (^_^)

M42ヘリコイドを一番伸ばした状態、近方にピントが合います。

この組み合わせで、無限遠から1m位までピントを調整できました!

手持ちの31.7mm(アメリカンサイズ)接眼レンズをいろいろ試してみました。
一番倍率が高くなる、4mm接眼レンズ装着で約19倍になります!

今夜、プレアデス星団やオリオン大星雲などを実際に見てみましたが、けっこうきれいな画像ですよ!

一番倍率が低くなる、40mm接眼レンズ装着で、約1.9倍になります!
2019.02.22 21:25 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
十三夜の月!
2019.02.18

今夜はとっても美しい、十三夜の月が輝いています!
この前紹介した、塩ビ管望遠鏡(2号機)でその月を撮影してみました。
SONY α7sによる手持ちコリメート撮影です。(トリミングで約2倍に拡大)

まずはVIXENのフィールドスコープ用の約1万円の接眼レンズによる画像です!

なかなか美しく撮れました (^_^)

次はモノタロウで入手した799円の10倍ルーペ接眼レンズによる画像です。

うーん、やっぱり劣りますね (^^;

以上、雪の上に三脚を立てての撮影でした!
2019.02.18 19:45 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
アグリパークで研修会!
2019.02.16

本日午後は新潟市南区のあぐりパークで星空ファクトリーのソムリエ運営研修会でした!
上の写真は岩野先生の講座の様子です。

そして夜の部の食べ物!


そして飲み物!!
2019.02.16 23:46 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
今夜のオリオン大星雲!
2019.02.06

今夜も2月としては奇跡的な快晴の夜空です!
ということで、昨夜はうまく撮れなかったM42、オリオン大星雲をカメラの600mm、F5.6望遠レンズで撮りました!
ISO51200、三脚固定の1秒露出です。

トリミングで2倍にアップです!


オリオンの腰の三ツ星の一番左側の近くにあるNGC2024、燃木星雲も薄っすらですが、撮れました!

ISO102400、1.6秒露出での撮影です。

今日の機材はSONY α7sにNIKONのED 600mm、F5.6レンズを付けての撮影です!

はい、私が持っている中で一番高価なレンズですよ!
久しぶりに使ってみました (^_^)

NIKON ED、600mm、F5.6!
2019.02.06 20:48 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
今夜のオリオン!
2019.02.05

今夜の新潟、とても2月とは思えない、風もなく、快晴の夜空となっています!
上の写真は夜空に輝くオリオン座と我が家の2階の窓です。
あまりに美しいオリオンなので、先日作成した"塩ビ管天体望遠鏡2号機"でオリオン大星雲を観察してみました!


超高感度のSONY α7s+NIKON 50mmF1.2で、手持ちコリメート撮影に挑んだのですが、、、やっぱりそれは無理ですね (^^;
最高感度にしても大星雲はほとんど写りません。。


で、今回、モノタロウで入手した799円のルーペでも試してみました。
右側の10倍ルーペがそれです。

その結果、値段の割にはとってもいい接眼レンズになりますよ!

799円ルーペで見たプレアデス星団です!
2019.02.05 20:49 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
塩ビ管望遠鏡の金具!
2019.02.02

先日紹介したACクローズアップレンズとフィールドスコープ用接眼レンズを使った"塩ビ管天体望遠鏡その2"を、カメラ用三脚に取り付けられるようにするため、マウント金具を取り付けてみました!
望遠鏡は10倍を超えると、手持ちではじっくりと見るのが困難になりますからね。

ホームセンターで入手できるVU50用の取付金具と鉄のプレート、三脚固定用のW1/4サイズの蝶ナットで構成です!


では、実際にこの望遠鏡で覗いた画像をご覧ください!
撮影場所は新潟市西区、青山海浜公園の海岸です。


まずはここから約500m先にある、関分記念公園にある芸術作品ヨットです!

どうです、けっこうきれいな画像ですよね (^_^)
なお天体用の望遠鏡なので、上下は逆さまになりますよ。

次にオレンジ色の空と荒海の日本海です!
2019.02.02 18:08 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
塩ビ管望遠鏡、その2!
2019.01.31

ちょっと前に塩ビ管とクローズアップレンズを使って作成した塩ビ管天体望遠鏡を紹介しました。
今回は塩ビ管天体望遠鏡シリーズ"その2"となります!

材料は以下の通り!

対物レンズはKENKOの「ACクローズアップレンズNo.355mm)」で焦点距離は330mmとなります。
実売価格は2千円くらいです。
接眼レンズはVIXENのフィールドスコープ用の接眼レンズで「GLH15」というものです。
実は10年ほど前に天体望遠鏡用の接眼レンズと間違えて買ってしまったもので、、、豪華すぎる(約1万円!)のですが、塩ビ管ソケットにちょうどよいサイズだったので使ってみました (^^;
焦点距離は18mmほどらしいです。
本当は、接眼レンズは千円くらいのルーペが、バランス的にはよさそうですね。
今回作成の天体望遠鏡は接眼レンズは交換できず倍率は約18倍固定、またピントの調整も無限遠から数十メートル位までしかできないものです。
ということで、星団、星雲を眼視するための専用の天体望遠鏡ですね!

対物レンズ側からの撮影。


接眼レンズ側からの撮影。
2019.01.31 19:54 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)
今夜のオリオン!
2019.01.30

今夜の五頭山麓、久しぶりの快晴の星空です!
ということで、久しぶりに星空撮影です!
SONY α7s+NIKON 50mmF1.2で、雪の上での手持ち撮影です。
上の写真はオリオン座と左下にシリウスです!
F1.2絞り開放での撮影のため、思いっきり、歪んでいます (^^;

プレアデス、ヒアデス、アルデバラン!


東空に昇ってきた北斗七星!
2019.01.30 20:32 | 固定リンク | 天体

- CafeNote -