電池式真空管ラジオ、OKです!
2018.09.29

一昨日のブログで紹介した、モトローラのランチボックスのような電池式真空管ラジオですが、DAISOで006Pと単一のアルカリ電池を購入、実際に動作させてみました。
結果はオッケーです!
感度良く、新潟のAM局、BSNとNHKを受信できましたよ!
上の写真は購入した電池を並べてみたのですが、9Vの006Pの電池が7本、単一電池が2本、すべて100円なので全部で900円+税となりました。
なんか凄まじい電池の数ですよね (^^;
まあ100円ショップが有ってよかったです。
普通の電気屋さんで同じものを購入したら、全部で何千円もかかりますものね。

9Vの006Pの電池は7本をすべて直列で接続、つまり63VのB電池となります!

B電池とは真空管ラジオの動作そのものを司るものですね。

1.5Vの単一電池は本体に2本並列で格納します!

こちらはA電池、真空管のヒーター用の電源です。
なお電池式真空管の場合は普通の真空管と違い、ヒーターは赤くはならないのです。

これが電池管の一つ、1T4です。


全部で4本の真空管が使われています。


とても美しいフロントパネルです!

左側がスピーカー、右側上が音量調整のボリューム、下がチューニングダイヤルです。
motorolaの文字がオシャレですね (^_^)

蓋を締めた状態です。


なお、電源スイッチは蓋を開けると自動的にONとなる仕組みです。

電池管はあっという間に温まりますので、音がすぐに出てきます!

以上、宮澤家の真空管ラジオ・コレクションにまた逸品が加わりましたよ (^_^)
2018.09.29 20:41 | 固定リンク | ラジオ | コメント (0)

- CafeNote -