塩沢の牧之通り!
2018.11.13

塩沢の欅亭で美味しいご飯を食べた後、塩沢駅の近くにある「牧之(ぼくし)通り」へ行ってきました。
この素晴らしい通り、TVとかで見たことはあるのですが、私は初めての訪問となりました!
本当に新潟県にこんな素晴らしく整備された"通り"があるとは、とっても驚きでした!
古い家はもちろんですが、新しい家々もモノトーンの落ち着いた色調に統一されている通りなのです!
上の写真のとおり、とっても広い車道となっている、通りなのですよ。

しっかりした雁木です!


実はこれ、塩沢郵便局なんですよ!


そうそう、"牧之通り"とは、ここで生まれ育ち、江戸時代の書物"北越雪譜"を書いた、鈴木牧之からとった名前なのです!


"北越雪譜"とは。

1837年の出版なのですね!

鈴木牧之の生家、実は酒屋さんです!


とっても立派な梁が、母屋隣の車庫にまで!


おまけの写真。なんでしょうかね (^^;
2018.11.13 19:58 | 固定リンク | 新潟 | コメント (0)

- CafeNote -