スギ花粉を顕微鏡で観察!
2019.03.27

今日は定期通院日で会社はお休み。
ということで、前からやってみたかった、顕微鏡を使ってのスギ花粉観察を行いました!
たぶん、五頭山麓でのスギ花粉のピークは越えたようなのですが、杉の木にはまだ花粉がいっぱい付いています。
そうそう、私、望遠鏡だけでなく、顕微鏡も5台ほど持っているのです (^^;

スギ花粉の一房。


ヤフオクで入手したcartonの顕微鏡を使っての観察です。

倍率は60倍、150倍、600倍に変えられます。
この顕微鏡は光源とプレパラートの微動装置が付いていて、とても便利です!

以下の写真はスコープテック社のユニバーサルクリップアダプターを使ってスマホでの撮影です。
このアダプターは使いやすくてとっても便利!

まずはスギ花粉の房をそのまま拡大です!(60倍)


プレパラートに花粉を落とし、150倍で見たスギ花粉!


600倍で見たスギ花粉、まんまるの球体ですね!


次に水を少し加えてみました。
人の鼻の粘液に触れた状態ですね。
なんと、スギ花粉は割れるのです!


150倍で観察!


600倍で観察!

割れた部分からスギ花粉の内容物が飛び出した状態です!
これが花粉症の原因物質なのかな?
2019.03.27 18:57 | 固定リンク | 科学 | コメント (0)

- CafeNote -