B級ラジオ(デジタル版)!
2017.01.11

今日も"ラジオ・ネタ"になります (^^;
私、ご存知のとおり、ゲルマニウム・ラジオや真空管ラジオが大好きなんですが、実はちょっと怪しげな"B級ラジオ"も大好きなんです!
本日、ネットで注文していた、KenkoのKR-002という、とても小さなFM/AM/SWマルチバンドラジオが届きました。
価格は2,758円。
このラジオ、PLL方式のデジタル選局ラジオです。
FMとAMのデジタル選局ラジオはけっこう普通にありますが、SW、つまり短波放送もデジタル選局できるものは珍しいです!
それも、こんな低価格で。
あの光学製品で有名なケンコー・トキナーが発売元です。

受信可能周波数です。

FMはワイドFMに対応、SWは3.90MHzから21.85MHzまで、11バンドの帯域を受信できます。

短波放送で、"中国国際放送(北京放送)"を受信しているところです。


本体の小さなスピーカーですが、割りといい音ですね (^_^)
FMはイヤホンならばステレオで聴けます。
感度はかなりよく、これはお勧めのB級ラジオですよ!
2017.01.11 21:05 | 固定リンク | ラジオ
牡鹿半島でゲルマラジオ!
2017.01.10

今日は1月2、3日の石巻方面岬めぐりツアーのおまけレポートです (^^;
私、岬めぐりに行くときは、たいていラジオを持って行きます。
岬での電波状況テストのためですね (^_^)
で、今回は自作のA4サイズ・ゲルマニウム・ラジオを持っていったのでした。
牡鹿半島を巡る県道の一番先端にある駐車場(標高約130m)でのテストを行いました。
思っていたとおり、仙台からのAM放送をしっかり受信できましたよ!

[テスト結果]
・TBCラジオ:仙台市若林区に送信所、距離49Km、出力20kw、1,260kHz
 ==> とてもクリアーに受信できました!
・NKHラジオ第1放送:仙台市宮城野区に送信所、距離約53km、出力20kw、891kHz
 ==> ちょっと弱いですが、放送内容はわかりました
・NKHラジオ第2放送:仙台市宮城野区に送信所、距離約53km、出力10kw、1,089kHz
 ==> かなり弱く、放送内容がよくわからないでした

距離が50kmというと、新潟から長岡くらいの距離です。
この小さなゲルマニウム・ラジオでは長岡で新潟からの放送は受信できないですよね。
それに対して、仙台から牡鹿半島までは障害物のない海の上を通ってくるので、電波状況はいいみたいです!

金華山が見える駐車場です。


はい、セルフタイマーでの撮影、久しぶりの私登場です (^^;


今回のツアーの移動軌跡です!

赤が初日の1月2日、青が2日目の1月3日の軌跡となります。
1月2日のGPSデータ1月3日のGPSデータ

以上、2日間合計で870km走行の岬めぐりツアー・レポートでした!
2017.01.10 20:02 | 固定リンク | ラジオ | コメント (0)
南三陸町の今!
2017.01.09

1月3日(火)のレポートに戻ります。
女川町から海沿いに移動、神割崎を経由して今回の旅の最終目的地、南三陸町です。
あの2011年3月11日の東日本大震災の大津波で、甚大な被害を被った所です。
実は私、2013年5月に塩さんといっしょにまだ復旧・復興が進んでいない南三陸町を見ています。
それからまた3年半、その復興の状況をこの目で確かめたかったのです。
南三陸町の海沿いの標高の低い地域では土地のかさ上げ工事がどんどん進んでいました。

上の写真は被害を受けた商店たちが臨時の商店街として営業をしている「南三陸さんさん商店街」です!
実は着いたのがちょうどお昼ころになったので、ここで昼食を食べようと思っていました。

しかし、残念ながら、ここにあったすべての食堂、レストランは2016年12月末で営業を止めていたんです。。

また新しい復興商店街で営業を始めるんですね!
ここでは、お土産屋さんはまだ営業をしていたので、お土産の笹かまぼこを購入して帰りました (^_^)

小高い場所では、新しい住宅地の整備が進んでいました!


これ、あの有名な「南三陸 防災対策庁舎」です。

最後まで避難誘導の防災無線放送をここから行っていたのです。
3年前は近くまで行けたのですが、今は立入禁止となっています。(2013年5月の私のブログ
今回は走行中の車からの撮影で、よく撮れていません。
この施設の管理は町から県に移され、少なくともあと20年は震災遺構として保存されることになっています。
今は防災対策庁舎の補強工事を行ってるのだと思われます。

南三陸町の復興、まだまだ先の長い事業なのだな、と感じました。

P.S.
昨日のニュースで、石巻市での成人式のことが取り上げられていました。
その参加者に、確か妹さんを大津波で亡くした女性の方が出ていました。
あの「大川小学校を襲った津波の悲劇」で、津波に飲み込まれたのが妹さんとのことでした。
で、石巻市の大川小学校ってどこかな、と調べてみて、驚きました。
実は私が今回、女川から南三陸に移動の途中、北上川河口の新北上大橋のすぐ近くあった小学校だったのです!
私、何も知らずにこの橋のたもとに車を停め、雄大な北上川の写真を撮っていたのです。。

この写真の右側の方に大川小学校があったのです。
ここで74名もの子どもたちが犠牲になっていたとは、、、事実を知って大変にショックを受けました。
幼い犠牲者たちのご冥福をお祈りいたします。
2017.01.09 19:02 | 固定リンク | 旅行 | コメント (2)
城下町しばた雑煮合戦!
2017.01.08

今日のブログは正月の福島・宮城県ツアーのレポートはちょっと休みにして、本日新発田市で行われた「第13回 城下町しばた全国雑煮合戦」のレポートをお送りします!
このイベント、毎年この時期に行われているのですが、私が参戦するのは今回が初めてです。

今回から雑煮合戦の会場は、この4日に開庁したばかりの新発田市の新市庁舎「ヨリネスしばた」にて行われています。
ガラス張りの新市庁舎、とても美しいですよ (^_^)


私は早々10時過ぎからの参戦ですが、会場はもう大混雑、大変な人混みでした (^^;

雑煮を座って食べれないことが多く、一部、立ち食い雑煮となりました (^^;

1杯目の雑煮は富山の鈴屋さんの"富山のかにカニ雑煮"(500円)!

カニが美味しかった (^_^)

2杯目は地元県立新発田農業高校の"地もっと元気雑煮"(300円)!

味噌ベースの雑煮です (^_^)

3杯目は地元フレンチレストラン萌芽さんの"越の鶏と冬野菜のポトフ雑煮"(500円)!

洋風雑煮、新鮮でした (^_^)

今日は新市庁舎の見学会も兼ねていたようです。
4階のテラスです!


同じく4階の議事堂!

ここはイベントにも使えるとのこと。

最上階、7階からの二王子岳、飯豊山の眺め!

う~ん、県立新発田病院がずばり邪魔ですね (^^;

1階には地元コミュニティーFM局である、"エフエムしばた"のサテライトスタジオがあります!

ガラス張りのスタジオ、アナウンサー&出演者は丸見えですよ (^_^)
本日の雑煮合戦の様子、生中継していました!
2017.01.08 19:05 | 固定リンク | 新潟 | コメント (0)
北上川と神割崎!
2017.01.07

1月3日(火)午前、牡鹿半島付け根の女川町から南三陸町へ行くために、海沿いの国道398号線を使いました。
三陸地方のリアス式海岸のもっとも南側の地域となります。
その途中、北上川の河口を渡るのですが、実は北上川って、驚くほどの大河だったのですね!
その雄大な眺めが上の写真です。

石巻市と南三陸町の堺にとっても素晴らしい岬がありました!
神割崎」という岬で、とても美しい岩の岬でした!


真ん中が島で、その両側が海になっています!


とてもわかりやすい、斜めの地層が見られました!

きっとタモリさんも好きでしょうね、ここ (^^;

神割崎の言われです。

なるほど~、って感じですね (^_^)

P.S.
本日、「宮澤家WWWサーバ」のトップページを大幅リニューアルしました!
まあ、ずっと更新をサボっていたもので、古くなったコンテンツたちをトップページから消えてもらったという、消極的なリニューアルですけどね (^^;
なお、古いコンテンツもトップページ下部のリンクから参照はできます。
本ブログが「宮澤家WWWサーバ」のメインコンテンツとなりますので、どうぞ、よろしくです!
2017.01.07 17:49 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
石巻と女川のこと!
2017.01.06

1月2日のブログでは旧北上川河口で撮影した、月と金星のランデブー写真を紹介しました。
実は旧北上川河口に行くことは事前にはまったく考えてなく、泊まったホテルから近かったので、なんとなくそこに行ったのでした。
その辺りはあの大津波で壊滅的な被害を被った所です。
堤防のかさ上げ工事はまだまだ続いていました。
上の写真のモニュメント、恐らく津波の威力で折れたままに放置されているのだと思います。
津波の威力、本当に凄まじいです!

翌日、牡鹿半島の岬巡りから戻る途中、半島の高いところを通っているコバルトラインの女川町の駐車場からの写真です。

この写真の中央に高い鉄塔が立っています。(よく見えないですけど)
これが東北電力の女川原子力発電所の鉄塔なのです!
福島第一原発とは違い、リアス式海岸のちょっと高い場所(海抜14.8m)にあったために、津波の被害からはなんとか免れたのでした。
いつもなら近いところまで行って、原発を見てくるのですが、今回は時間がなかったため、パスとしました。

女川港付近の写真です。

海岸沿いの道路は、より高い場所(津波が到達しない場所)に移すための工事があちこちで行われていました。
完成にはあと何年、かかるのでしょうかね。
そうそう、住宅地もより高い場所へ移そうとしていましたよ。
2017.01.06 19:43 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
常磐道の放射線量!
2017.01.05

今回の"牡鹿半島岬めぐりツアー"では、福島県と宮城県の2011年3月の東日本大震災の痕跡や復興状況についてもいろいろと見てきました。
今日のブログは1月2日(月)に常磐道をいわきから仙台に向かう途中の福島第一原発事故による帰還困難区域を通過したときの放射線量レポートです。
実は福島第一原発に近い場所でも、高速道路(常磐道)と国道6号線だけは一般車が通過することは許されているんです。(ただし、国道6号線は二輪車での通行は禁止となっています)

放射線量の最高値は常磐富岡ICと浪江IC間に設置のモニタリングポストが示す、3.7μSv/hでした。(上の写真)
この値、通常時の約40倍ほどです。
1年間では32mSv(3.7μSv×24h×265日)となるため、帰還困難区域ということになり、そこでの宿泊は不可なのです。(参考:福島県のHPより
この値、X線でのレントゲン検査を毎日受けるような放射線量なのです。

この場所の近くで、車の中にあった私の放射線量カウンターでは、2μSv/h以上を示していました。

ただ、ずっとは見ていられないので、正確な値はわかりませんが (^^;
実はこの放射線カウンター、福島第一原発の事故の後に購入したものです。

帰還困難区域に入る前の"四倉PA"にあった案内板です。


ディスプレイには現在の放射線量が表示されていました。

最高値の3.7μSv/hは、226.8KPの所ですね。

ちょっとわかりにくい写真ですが、高速道路の近くには放射性廃棄物の山(一時保管場所?)がいくつも確認できました。


スマホでのドライブレコーダーアプリで撮影した高速走行中の動画(2分間)をYoutubeにアップしました。
常磐道の放射線量最高地点を走行する(3.7μSv/h!)
この動画の開始から1分17秒後に最高値の地点を通過します。
放射線を感知したときのピッピッという音が激しいです。

比較のために、ほぼ通常値である、ならはPAを出発するときの動画もアップしました。
常磐道の放射線通常地点を出発する(ならはPA、0.1μSv/h)
ピッピッという音は少ないですよね。

放射線量が半分になるのにはまだまだ何十年もかかります。
のどかな田園風景なのですが、今は人が住めない場所がいっぱいあるのです。
やはり日本では原子力発電は無理だなと実感しました。
2017.01.05 19:51 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
牡鹿半島の岬めぐり!
2017.01.04

牡鹿半島の御番所山で太平洋からの日の出を拝んだ後、今回の旅のメイン目的である「岬めぐり」を開始です!
場所的には御番所山のすぐ近くに牡鹿半島最先端の黒崎(黒埼)があるのですが、実はそこにたどり着くのは、なかなか、いろいろと大変だったのです!

上の写真は黒崎の先端に出来る限り近づいての撮影です!
ここに降りるにはロープを伝わったりして、かなりの恐怖でしたよ (^^;

で、それ以上に問題だったのは、まずは岬への入り口部分、この写真を御覧ください!

県道2号から外れ、細い道を通っていくと、牧場のようなところに出ます。
そこには岬にある灯台「陸前黒埼灯台」へ続く道(踏み跡のような)があるのですが、なんと鹿よけ(多分)の電気柵によって、その通路が塞がれているのです。
電気柵、触ったらビリビリくるんだろうな、もう先に進むのは無理かな、、、と半分諦めかけました。
でも、よく見たら、道の部分だけ(白いとこ)は電気柵ではなかったのです。
うん、これは灯台に行く人にためで、この感電しない部分を通っていけばいいのだな、と考えて、岬の灯台へと向かうことにしたのです!
牧場から外に出る方向ですから、立入禁止ということはないはず、と思ったのです。

灯台への道です!


これが陸前黒埼灯台です!

とても小型の灯台で、けっこう高い木に囲まれていて、見通しはよくないですね (^^;

灯台のプレートです!

昭和4年にできたのですね。

灯台から更に林を抜け、ロープを伝わって降りたところでの記念撮影です!

岩の上に立つ私の両足ですね (^^;
けっこうスリルがある場所ですよ。

実はこの写真の岬の方が灯台下の岬より、より南端となります。

この後でこの岬への行こうとしましたが、道が荒れていて、到達は諦めました。

先ほどの灯台下の岬部分から、牡鹿諸島の一つである網地島の方を撮影しました。

金華山とは反対側ですが、こちらも美しい風景です (^_^)

以上、一般の観光客はまず行けないと思われる、牡鹿半島、黒崎への岬めぐりレポートでした!
この陸前黒埼灯台と岬の辺り、景色はとてもいいので、もう少し観光しやすいように整備してもいいと思うのですが、まあ今の状況では、良い子は岬へは近づかない方がいいでしょうね (^^;
2017.01.04 19:48 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
牡鹿半島の日の出!
2017.01.03

今日は早朝5時半にホテルを出発、1時間ちょっとかけて、牡鹿(おしか)半島の先端部にある小高い山、御番所山の展望台に到着です。
はい、もちろん、太平洋からの日の出を拝みたいからですね!
残念ながら初日の出ではなく、"三日目日の出"となりましたが、大変に美しい日の出を拝むことができ、大満足でした (^_^)
今朝は私以外にも、10名ほどの人たちが御番所山に日の出を見に来ていましたよ。

私が太陽が大好きなのは、皆さんが初詣で神社仏閣に行くのときっと同じことなんですよ。
明るさと暖かさを与えてくれる太陽さんに感謝をするために、"初太陽詣"ということですね (^^;

あの有名な金華山(島ですよ)の横に太陽は出てきました。


日の出のアップです。


ミラーレス一眼カメラで撮影の更に大きな太陽!


もう少し上に昇った太陽の方が輝きを増して、もっときれいですね!


今回の石巻、牡鹿半島ツアー、2日間での総走行距離は870km、うん、頑張りました (^_^)
で、メイン目的の"岬めぐり"の報告や、昨日の常磐道帰還困難区域の放射線量のレポート、そして女川町、南三陸町のことなど、今後報告する予定です!
2017.01.03 19:51 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
月と金星 in 石巻!
2017.01.02

いま、石巻のビジネスホテルにいます。
今年初の"岬めぐり"として、石巻の牡鹿半島の先端部、黒崎に到達するのが今回のメイン目的です!
今朝の8時に五頭を出発、磐越道、いわきJCT、常磐道、仙台東道、三陸道を経由して、15時ころに石巻市まで来ました。
常磐道のいわきから仙台まで、私は初めての通行です。
なぜこのルートをとったのかというと、福島第一原発事故で未だに帰還困難区域の中を通行できるからで、実際の放射線量とかを実感したかったからなのです。
この件はまた後日にレポートします!

そして、今日のブログの"月と金星"は今回のサブ目的、天気がいい太平洋側ならば今日の天体ショーを拝めると思っていたのです。
ただ、実は石巻でも今日はけっこう雲が多い天候でした。
ホテルから割りと近くの旧北上川河口まで来て、あの大津波の痕跡とかを見ていたら、なんと西の空が開けてきて、月と金星のランデブーを見ることができたのです!
とっても美しい光景でした!
でもこの写真の下の方にあるもの、実は津波で壊れてしまったモニュメントなのです。。
この辺りは津波で壊滅的な被害を受けた場所なのでした。

月と金星のアップです!

SONY α7sにNIKKOR 300mm F4.5 ×1.4倍テレコンバータを付けて撮影、トリミングで約2倍にしたものです。

明日は早朝から牡鹿半島の岬めぐりに行ってきます!
2017.01.02 19:37 | 固定リンク | 天体 | コメント (0)

- CafeNote -